人生の再出発を考えるアラフォー母

子育て中にスピリチュアルと自己啓発にはまった主婦が自己変革と社会変革のために変わっていきます

足るを知る

私は二人目の子どもができませんでした。それがスピリチュアルへの入り口になったと言っても過言ではありません。

産まなかった方がいい理由はいくらでも挙げられるし表面上は納得してます。それでも育てる余力があるなら社会的使命として里親をやろうとも思っています。

そうはいっても街で子ども二人連れてるママを見ると「いいなー二人目できて。二人目作るくらい夫婦仲良しで。1人育てて心に余裕もあったんだろうな」と条件反射的に嫉妬が始まり頭のなかで妄想がはじまります。ちなみにママ友グループで一人っ子はうちだけ。みーんな足並み揃えたかのように同じ年に二人目が産まれています。幼稚園では一人っ子もそこそこいますが。

鬱で引きこもり始めた後、子どもさえできれば幸せになれるはず、と思っていました。だからなのか、子どもができるまでさまざまな障害がありました。セックスレスはもともとだけど、なんといっても乳がんの発覚、治療、そして高度生殖医療。

娘はかわいいし私の元に来てくれたことには感謝している。あの子がいなければ私は変われなかったので。でも、産まれてからもずーっと二人目できるだろうか、二人目さえできればもう何も悩むことはないはず、今よりもっと幸せになれるはず、と目の前の子を見ずに、産まれてこない二人目に想いを馳せていたのも事実です。なのでよくセッションでも「二人目のことばかり心配していて娘さんが寂しがっていますよ。」と言われたものです。

覚醒しつつある今なら娘1人でも十分だし、もっというともし娘がこずに子供のいない一生だったとしても幸せになれるとわかっています。もちろんそれを実感するまでは時間がかかるでしょうし、間違いなく離婚してたと思いますが。

頭ではわかるようになったことがたくさんあるのですが、なかなか条件反射から抜けきれないのです。子どもが1人とか2人とかって部分より、おそらく夫に対する恨みとか愛にまだ夢を見ているとか人と違うとか理想の家族じゃないとか、そういう部分だと思います。

あ、そういえばココナラで相談した方には「1人にすべきかとか二人がいいとか、不妊だからとか、そういうのを決めつけないこと」って言われたな。

一人っ子だろうと誰も不幸にならないし、2人になったから幸せになるわけではない。ただ、そういうふうに勝手に人数を決めず、流れにまかせる、的な。まあ、うちは流れにまかせたら何も起きないんだが(笑)

 

もうひとつ。

親子ヨガで私よりふっくらな人を見て内心「あの人よりマシでよかった」と思った。でもそれって何の意味があるのか?その人以外私よりみんなスタイルがいいわけで、一番下じゃないからなんなのか。それにスタイルが悪くてもあの人は旦那さんにも娘にも愛されてるし、良い面もたくさんあるんだよねきっと。知らんけど。

そしたら太ってることも結局言い訳なんだなと気づいた。太ってるから愛されない、かっこわるい、洋服が似合わない、友達ができない等々…痩せてたら言い訳できないから太ってることを隠れ蓑にしてるだけなんだ。

スタイル良いのはうらやましいけど、スタイル良くなったら幸せになるわけではない。逆にね渡辺直美とかね、あんなに太ってても人気者だもの。人に羨ましがられるより愛嬌あるなーと思われたいな。

自分を大事にするためには自分の価値にふさわしいと思うものを食べる必要はあると思う。でもダイエットに固執して無機質なものだけ食べてストレス感じるのはやーめた。

だがしかし腰痛は辛いので、あと2~3キロは痩せたい!