人生の再出発を考えるアラフォー母

子育て中にスピリチュアルと自己啓発にはまった主婦が自己変革と社会変革のために変わっていきます

母乳信仰


f:id:popbisco:20180917221420j:image

画像が回転できない…!

先日奮発してパスチャライズド牛乳買ったんですが、広告欄とかいうのみてがっかりしました。

牛乳屋がそれ言うかね?

 

今日び、母乳よりミルクが(栄養面以外のことも含めて)優れてるなんて思ってるのばぁば世代だけじゃないですかね。あるいは何らかの理由でミルクにせざるを得ないママへの慰めみたいなもんで、好き好んでミルクマンセーしてる人はそんなにいないと思うし、第一いたとしてそんな人が健康に配慮した牛乳買いますかね?かなり私の偏見入ってるけどね!

ただ、小児科医や保健所の保健師はちょっと体重が足りないとすぐミルク足せ足せ言うとこもあるけど。

 

 

母性に引き続き母乳のことで私が引っ掛かるのはね、なんといっても私が

片乳しかないから

であります。

両乳あってもギリ完全母乳で行けたか行けなかったかってくらい、出が悪かったですがね。

だからなんとしても残った乳に活躍してもらおうと、桶谷式の母乳外来通ったり、スケールをレンタルして毎授乳ごとに体重計ったり、搾乳器で授乳時以外も搾って冷凍母乳で保存したり、、、

 

要はね、

「私、34歳で乳がんなって片側全摘したけど子どもも産めたしみんなと変わらず母乳で育てられるの!」

ってアピールしたかったんでしょうね、私。

 

そのわりに未だにママ友に乳がんのことカミングアウトしてないんですがww

 

今となっては方向性が間違っていたと思えるけど当時は母乳が増えるためにあの手この手を尽くしてノイローゼ状態でした。いやーホントあの時間はもったいなかったと今は思う。

 

完全母乳こそ至高!みたいなのに疲れました。ミルクにすることで築ける愛着だってありますよきっと。これも中庸を意識。