人生の再出発を考えるアラフォー母

子育て中にスピリチュアルと自己啓発にはまった主婦が自己変革と社会変革のために変わっていきます

やりたいことをやる、より今大事なことは?

 

好きなことで生きていくとか

やりたいことをやるとか

そういうのが大事だってことについて

毎日のようにそうだよね!そうだよね!と

心の中でうなずいています。

なのにあまり生活が変わった気がしません。

 

じゃあ私の好きなことってなんだろう?

今どうしてもやりたいことって何か?

って考えると、

なかなか出てこないのです。

やりたいことが見つからなくて

自分探しの為にバックパッカーになる大学生みたいなもんです。

本来の自分に気付くとか

本当の自分とは何か?

って探してもしょうがないってことは

平野啓一郎さんの本を読んで気づいて乗り越えました。

「分人」という概念です。

 

んでふりかえってみると、意外と自分ってその時やりたいことを我慢してないんです。

葛藤があるにせよ、

辞めたい仕事はやめたし、離婚したい時は離婚したいって伝えたし

どうしても行きたいセッションや面接があれば

子どもを劣悪な託児所に預けてでも行ったんだよね。

今までなんやかんやで。

今も例えば夜21時までかかるセミナーがあって

漠然と行きたいな~と思うけど、まあ子ども寝かしつける時間だし

無理だわな。ってのが最初に思い浮かびます。

でも自分自身も21時まで外にいたくないんだよね。

なんかを得たいがために老体に鞭打つやり方はもうやめたいから

そう考えると子ども抜きにしたって

そこまで今の自分にとって誰かに何かに時間を合わせてまでする

大事なことでもないわけです。

 

何に書いてあったか忘れたけど(だからアウトプットしとかんといかん…)

足し算しようとするからうまくいかないわけで

引き算すればいいわけです。

つまり

やりたいことをやる(足し算)んではなく

やりたくないことをやめる(引き算)方に意識を向ける。

やりたくなくてやってることはいっぱいあるはず。

世間体とか見栄とか怖れとか打算とかで成り立っているだけでなく

私の場合さらに

「リーディングでそう言われたから」ってのがあります。

例えば、

今、宇宙からのメッセージで「レモンの香」を受け取りました。
〇〇様に必要な香りは柑橘系やレモンの香が良いようです。

アロマや本物のレモンの香を嗅ぐことにより、潜在意識が
呼び覚まされます。
そして、奥に押し込めている本心が外に出易くなります。

ご自身の本心に気付かれると、自分で思ってもみなかった
「ご自分の良さ」に気付き、自己愛が増えていきます。

 

という鑑定を受けて以来、柔軟剤を自作していました。

薬局やネットショップでアロマや材料揃えて調合するのは

確かに実験みたいで楽しいし

入浴剤やリンスにも応用できるのですが、当然めんどくさい。

んで、望む結果(潜在意識云々)を実感できているかというと

できてないし、柔軟剤としての機能やいい匂い、という効果も薄い。

環境とか肌にはいいと思うけど満足度は低いわけです。

それはたぶん、自分が選んだことではなくて

言われたからこうすべき!これこそがあるべき道!

という使命感だけだからだと思うんです。

環境への配慮!とかスメハラしない!とかも含めて。

そもそも家事が嫌い

なんだからそんなとこに意地張ってどうすんだって話です。

そういう細かいことだけど生活を構築している

すべきこと

本当は好きでないこと

これやってないとダメ人間だと思われるからしょうがなくやってること

を少しずつ減らしていこうと思います。